カラコンの仕様とは|カラコンで女の子は見違えるほどかわいくなります!

カラコンの仕様とは

女性の片目

カラコンは今となっては誰でも持つようになった小さなおしゃれアイテムのひとつです。
ただそんなカラコンを使う際には、ちゃんと知っておかなければいけないことがいくつかあります。

まずカラコンは着色料が入ったコンタクトレンズになりますが、通常のコンタクトレンズとは異なることをここで認識しておいてください。
というのも、カラコンには着色料が入っているので通常のコンタクトレンズと違って少し厚みがあります。
厚みがあるということは、つけたときの感覚に違和感を感じやすいということです。
そしてカラコンは眼球に負担を与え続けてしまいます。
だからはじめて装着したときは間違いなく違和感を感じるはずです。
いつも通常のコンタクトレンズを使っている人もきっとおなじような感覚になるでしょう。
そのためカラコンを長時間つけるようなことはしないようにしてください。

次にカラコンは「酸素を通しにくい」ことを理解しなければいけません。
どんなコンタクトレンズにも酸素透過率とよばれる数字があり、その数字が低いほど酸素を通しにくく作られています。
通常コンタクトレンズは酸素透過率が最高値で175くらいに設定されているのですが、カラコンの場合は高くても33くらいになっています。
つまりほぼ酸素を通さないと思っておくべきでしょう。
もっといえばカラコンには酸素透過率が表示されてないものもよく売られているので、いかに眼球に負担をかけてしまうのかがあなたにもわかると思います。
カラコンを正しく使うためにも、最低限このことは覚えておいてください。